no-img

「積み木」というバンドを結成したのは2013年の頃だ。当時、ギター・ボーカルの僕と初代ギタリストの女性の2人で動き始めていた。


当初バンド名はなかったが、「やっぱり名前つけたいよね」という一言から、悩みつつも割とあっさりと「積み木」に決めた。


日本語の名詞で覚えやすく、オーガニックな雰囲気の言葉にしたいぐらいの思いだったと思う。あとは、Amazonで同名バンドがヒットしないことを確認。


その後、ローマ字の「Tsumiki」がスッキリしていること、各メンバーの個性によって成り立つイメージであること、「積」と「木」のはらいが末広がりで良いことなどを加えていった。


とはいえ、僕らの音楽に「積み木」という言葉のもつポップなイメージはない。

バンド名を決めた当初は、人に伝えるときに少し気恥ずかしい思いもあった。


しかし今では、「積み木」という言葉が僕らの音楽の雰囲気を中和してくれて良いのではと考えている。


2019年現在、幸運にも徐々に、ゆっくりとだがやりたい音楽を表現できるようになってきた。そして、やりたい音楽の幅が広がってきた。


「積み木」という屋号がかっこよく響く音楽を、理想はしなやかに、しかし現実には何とかあがきながらも作り続けていきたいと思う。


何だかまとまりのない文章だが、これからバンドや音楽にまつわる話をつらつらと書いていきます。



蔵枡卓史(Kuramasu Takafumi)
Vocal, Guitar